もうとっくにギリギリなんだ 
 
人間は本能的に最悪のパターンを想定するものなんだそうだ。
ただ行き過ぎると、妄想にとらわれて、世の中=辛くて苦しい世界 ということになるらしい。

まさしくそれだわ。
結局、最悪のパターンしか思いつかないもんな。
しかも自分にとっての「最悪」

いい事も悪い事も、想像のほとんどが現実にはならない。
たぶんね。

じゃあどう生きればいいのかね?
自分のこと以外はなるようにしかならないって思えるんだけどなあ。
スポンサーサイト
そして最悪の人生を消したい 
 
んーまたあの状態だ。
特に理由はないのに、なんとなく不調。

先週はA.B.C-Zコンに行って楽しかった。
五関さんかっこいい。エビにはまりそうだ。

その実家に帰ってダラダラしたのが良くなかったのかな。
精神的に疲れたのかな。
連休明けで仕事だからかな。
飲み会のあと、自分の関係ないところでトラブルがあったことを聞いたからかな。
なんだろう。なんだろう。
嫌な感じだ。

ちょっと疲れてるだけだ。きっと。
こういうとき、とりあえず没頭できる何かがあればいいのに。
ゲームは下手すぎてイライラするし。
映像はそれだけを集中してみるってことがなかなかできないし。
ひとつのことに集中するのが難しい。

なんかやだな。
楽しみなはずなのに。なんだか嫌だ。

実験4号。
消したいのは最悪のほう?人生のほう?
今にみろで過ぎていく 
 
最近、すごく感じるのは、一昨年や去年の春くらいまでに感じていた
とにかく憂鬱な毎日から少しずつ抜け出してきていること。

今思えば、あれはうつ状態だったのかもな。
毎日毎日、生きる意味も希望もなくて、とにかく消えたくてしょうがなかった。
呼吸をすることも、食べることも、死にたいのに生きようとしているような気がして嫌悪感があった。
体も重くて常に疲れていた。
呼吸が浅いのか、常に息苦しかった。
頭がうまく動いていないような感覚。
つらい。しんどい。そんな毎日だった。
今なら思う。あれはおかしかった。

あの日々から抜け出した理由ははっきりとはわからないけど、
なんとなく先が見えない日々から抜け出せたことが大きいと思う。
存在を肯定してくれる人がいて、過去の嫌なこともすべてそれが私を作るもののひとつだと教えてもらった。
仕事自体も今までの、場当たりてきな上司ではなく、計画的な上司に変わって、日々ストレスが減った。

決して前向きではないけれど、後ろ向きでもない。
生きていたいとまでは思わないけど、消えてしまいたい気持ちは薄くなった。

みんなが好きなものを好きじゃなくてもいい。
みんなが楽しいものが楽しくなくてもいい。
そう思えてきた。

自分の好きなものはわからないけど、嫌いなものを無理してまで受け入れる必要はないと思う。
それでいいんだ。きっと。
ひねくれているほうが、自分を偽るよりよっぽど生きやすい。
『誰かになりたいわけじゃなくて 今より自分を信じたいだけ』

あの頃ではなく、今 the ピーズを知ったのも不思議な気持ちだ。
生きのばし、線香花火大会、トドメを派手にくれ、やっとハッピー、実験4号、グライダーなどなど
好きな曲は増えたし、たぶんこれから良さに気がつく曲も増えるんだろうな。
『たどりつく景色だけがすべて 君の名前はなあに』

ただあそこの場所を知ってしまったから、きっと戻るのも容易いと思う。
あそこに行ってしまいそうになったら、自分を宥めたり誤魔化したりしていこう。
『もう何の問題もないさ 行こう浮かんで行くんだ』
参加したもの 
 
一年、めっちゃ早い。
なんかあんまり記憶にないな・・・何したんだろう。

A.B.C-Zのポスターお渡し会に参加した。
メンバーがみんなキラッキラのアイドルで素敵だったー

友達の赤ちゃんに会いに行った。
友達がなんかこう・・・ちゃんとママになっててびっくり

今年も滝沢歌舞伎を見に行けた
去年は怪我の直後だったから、コレがやりたったんだなというのが見れてうれしかった
三宅さんは相変わらずかっこいい。
おじさんなのにこどもつかいに連れて行かれてほしいw

pillowsのツアーに3回参加
新しいアルバム好きだ。パーフェクトアイディアとかCoooming Soooonとか楽しい

theピーズの武道館ライブに初参加
ピーズにハマる。今年一番のブームかも

静岡にいったり、神戸行ったり、そのほかなんかいろいろあって楽しいこと多かった。

いろいろ考えたりもするけど。まとまったらまた。
ひとりでに育った答えをめくってキミにおくった 
 
1月26日 the pillows presents Shoegazer speaker in swanky street に行ってきました

the pillowsとUNISON SQUARE GARDENの対バンなんて最高じゃないか!
ということでウキウキ。

開演30分前についたら、自分の入場番号は終わってて、すでに結構埋まってました。
pillowsのときはもっと余裕あるのに・・・笑
UNISONとの対バンだからpillowsのときより客層が若いね!

開演、UNISONのFool on the planetから!
すごく好きな曲だから聴けてうれしかったー!
ユニゾンのセトリは、Cacther in the Spyからの曲か多くて、これまた好きなアルバムなのでうれしかった。
そして新曲。
前々からさわおさんに、曲は影響受けてないといわれていた田渕さんだが、ついにピロウズ意識ソング。
10曲の要素があるっていってましたが、出だしがまんまランナーズハイで、気がついたら手をたたいてたw
音源にならないかなーじっくり聴いてみたいなぁ。
欲を言えばオリオンが聞けたら最高だった!けど、楽しかった。

その後、ピロウズ兄さん。
出だしがザビエルって!2曲目リタリン!
ノンフィクションでこれらが、田渕さんリクエスト20曲のうちの3曲だと知るw
さすがだ。それに応える兄さん方もさすがだ。
爽やかコウスケくん。普通のタカオくん。ピロウズより入りの早い田渕くん。
後輩の話をするさわおさんっていいよね。
もうね。この日のセトリ最高だったんだ。
改めて、ピロウズ大好きだー!って思った。かっこよかった。
ハッピービバークもこの世の果てまでも。
Walkin' On The SpiralもSwanky StreetもアバロクもLocomotion,more!more!も。
楽しくて本当にあっという間だった。
もう終わり?って思ったもんなー。

有江さんのZepp勘違いやシンちゃんの入り口間違えちゃう話、Peeちゃんのゲストでいったのに自分のバンド言っちゃう事件とか
ポンコツばっかで楽しいw

アンコールでは、田渕さんのベースでライドン、RUNNERS HIGHの2曲。
なんかすごくうれしかった。
純粋にバスターズが、仲間が幸せになっているのを目の当たりにしている感じ。
大げさに甘やかす感じでもなく、拒否するでもなく。絶妙な距離感。
ピロウズも田渕さんも楽しそうだった。

最後にハイブリットレインボウ終わり。
新曲やんなかったけどよろしくって本当にそのとおりwマニアックなセトリだった。
王様になれとかやらなかった。
早くアルバム聴きたいなー

かっこよくて、たのしくて、幸せな時間だった。
レア曲の連続で、オー!って言い過ぎて声おかしくしてしまったw

それぐらい楽しくて、いいライブはじめだった!!
今年もたくさんライブいけたらいいなー

続きを読む »